シミは消えるの?市販で買える優秀な商品とは!

今はドラッグストアやバラエティーショップで、様々なスキンケア用品が手に入りますよね。
乾燥肌なら保湿力の高い化粧水、ニキビに悩んでいるならニキビ用の塗り薬
市販の魅力は何といっても自分の目で商品を見て、すぐに買えることではないでしょうか。

 

では、シミにお悩みの方はどのようにドラッグストアを見て回るでしょう。
化粧水や美容液のコーナーでしょうか。医薬品のコーナーでもシミ対策の商品はありますよね。
それともコスメコーナーでコンシーラーを見るかもしれません。
シミが消える市販品と聞いて、あなたはまずどこを探しますか?

 

まず、シミといってもいくつかの種類にわかれます。
皆さんが普段、シミと呼んでいるのが老人性色素斑。紫外線を多く浴びることでできるシミです。
そして肝斑。目尻の下あたりにできて、左右対称になります。ホルモンバランスの乱れが関係しています。
そばかすは鼻や頬のあたりにできやすく、遺伝的要素が大きいと言われています。
代表的なこれらのシミですが、種類によってケアの方法も異なってきます。

 

老人性色素斑やそばかすなら、LシステインとビタミンCが入っているものがおススメです。
LシステインとビタミンCは、協力し合ってメラニンの生成を抑え、さらにできてしまったシミを無色化してくれます。

 

市販の医薬品では、大正製薬の「アルフェホワイト」
エスエス製薬の「ハイチオールCホワイティア」がLシステインを多く配合しています。

 

CMでよく見かける小林製薬のケシミンクリームはビタミンCとEのダブルビタミン効果が特徴ですね。

 

消える、という意味ではコンシーラーも欠かせません。
サプリや化粧水などでしっかりケアをしつつ、昼間はコンシーラーで消すことも必要ですよね。
シミの場合、スティックタイプで硬めのテクスチャーのものをおススメします。
重みがあるほうが密着しますので、シミを隠すにはちょうど良いですよ。

 

肝斑の消し方は少し異なります。
第一三共ヘルスケアのトランシーノは、肝斑のためのお薬です。
この薬に配合されている、トラネキサム酸という成分が効果的なのだそうです。
また、ホルモンバランスを整えてくれる漢方や、サプリメントも有効です。
もちろん一般のシミ消し用品でも多少の効果はあるようですが
肝斑は、ストレスや、経口避妊薬の使用、産前産後のホルモンバランスの乱れからできるので
体のバランスを整えることで改善されます。

 

このように市販でもたくさんのシミ対策ができますが、飲み薬でも塗り薬でも、消えるまで根気よく続けることが必要となります。
どの方法が自分に合っているか、続けやすいか、が大切ですね。

 

>>【コーセー米肌】澄肌美白は薬局で買えない理由【1500円で販売中】